NEWS

オーティコン補聴器とゴールドスポンサー契約を締結

更新日:2018/04/05

一般社団法人日本ろう者サッカー協会(東京都品川区、代表理事 鈴木 猛仁、以下JDFA)は、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント 木下 聡))と2018年度シーズンのゴールドスポンサー契約締結したことをお知らせいたします。
契約期間:2018年4月1日~2019年3月末日

本契約により、デフサッカー&デフフットサル日本代表トレーニングウェアの背中に「オーティコン補聴器」のロゴを掲出します。2018年4月第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権開催日より代表選手及びスタッフは着用します(予定)。また、オーティコン補聴器はデフサッカー&デフフットサルの発展と障がい者スポーツの振興を通じた活動へ支援していただきます。

JDFAはデフサッカー&デフフットサル男子日本代表の活躍を通じて、ろう者と聴者が当たり前に混ざり合う社会を実現し、多くの方々に勇気・希望・感動を与えていきます。

【オーティコン補聴器からのご挨拶】
このたび、一般社団法人日本ろう者サッカー協会とゴールドスポンサーとして契約を締結させて頂きましたオーティコン補聴器です。
オーティコン補聴器はデンマークの補聴器メーカーです。私どもは聞こえに悩む人々の立場にたち、その人々を第一に考え、力づけることを意味した「ピープル・ファースト」という言葉を企業理念として掲げております。
「ピープル・ファースト」とは、聞こえに悩む人々の声に耳を傾け、その人たちが自由に会話し、積極的に社会参加ができるように力添えをすることを企業としての目標とし、その目標を達成するために優れた補聴器や補聴器に関わるテクノロジーを開発・販売していこうという私たちの信念です。
その意味でも、今回オーティコン補聴器がゴールドスポンサーとして日本ろう者サッカー協会の活動に関われることを大変光栄に感じております。
デフサッカー、デフフットサルが普及することで、より多くの聞こえに悩む人々が自らの可能性を十全に発揮する機会が増え、難聴者に対する社会の理解が深まることで、より開かれた社会づくりのお手伝いができれば幸いです。