NEWS

第4回 デフフットサル女子日本代表候補合宿 報告 10/8~10/10

更新日:2022/10/10

Pocket

10月8日(土)〜10月10日(月祝)の3日間、宮城県東松島市、奥松島運動公園体育館様にてデフフットサル女子日本代表候補合宿が行われました。
※新型コロナウイルス対策に関して、施設ガイドライン、ソーシャルディスタンス等を十分に考慮し実施しました。

1日目は、歓迎セレモニーでは、東松島市生涯学習課五ノ井勝浩課長よりご挨拶、激励を頂き、この後キッズ交流会では25名近くの子どもたちとフットサルを通じて、楽しく交流することができました。

2日目は、東松島市長 渥美巌様から激励のお言葉と東松島産の美味しい海苔を頂きました。
わざわざ足を運んで頂きありがとうございます。

午後はMeu Shoji様とトレーニングマッチを実施しました。
ハードワークを求められる中、世界で戦う新たな課題も見え、さらにレベルアップする貴重な機会となりました。

3日目は、昨日の課題の修正と確認をしてトレーニングを終えました。
昼食は地元のお母さん食堂の皆様に、地元食材を使った美味しいカレー、お漬物などをご準備頂きました。

3日間に渡り、コーディネートして下さった松原様はじめ、東松島市教育委員会様、宿泊施設キボッチャ様、お母さん食堂の皆様の最後まで心温まるおもてなしの中、充実合宿ができましたこと、心から感謝致します。

■【山本 典城】監督コメント—————
久々となる東松島市での合宿を無事終えました。

東松島市の方々も今回もあたたかく迎え入れてくださり、そして素晴らしい環境を準備してくださいました。

そのおかげもあり、3日間の充実した合宿となりました。

2日目に実施したMeu ShojiさんとのTRMも強度が高いゲームの中で多くの課題を突きつけられましたが、着実に成長している選手、チームの現在地を確認することができました。
わざわざお越し頂いたMeu Shojiさん、ありがとうございました。

まずはアジア大会まで残された時間をしっかりと引き続き取り組んでいきます。

—————

■【岩渕 亜依】選手コメント—————
いつもお世話になっている東松島市・キボッチャで11ヶ月振りの合宿でした。

1日目のキッズ交流会の内容を東松島市に着いてすぐに選手たちでまとめ、いつもより準備時間がない中でしたが、今までの経験のおかげでみんなで協力し無事終えることができ安心しました。

キッズ交流会の最後は代表選手とのエキシビジョンマッチ。「やりたい人ー!?」と聞いたらほぼ全員が元気良く手を挙げてくれ、嬉しく思いました。

また、「トイレ」の手話を教えたらその後実践してくれる子供がいたりと、手話も積極的に使う姿を見て嬉しい気持ちになりました。

2日目はセットプレーの確認とTRMをしました。
TRMでは走力・技術など全てにおいて相手にメンタルを左右されていたように思います。相手の方が上回っている中でどうメンタルを持って試合に臨むのか。とても良い経験になりました。ありがとうございました。

3月のアジア予選まででできる合宿はあと数回です。今まで積み上げてきたこと、さらにこれから出来る限りのことを積み重ねていき国際大会に臨みたいと思っています。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

—————

株式会社ニチレイ様より、選手、スタッフの水分補給用に水をご提供いただきました。
https://www.nichirei.co.jp/

疲労回復用にMUGEN BIONIC株式会社様よりスポコラをご提供いただきました。
https://mugenbionic.com/

洗濯ブラザーズ(株式会社バレル)より洗濯洗剤 「 LIVRER yokohama Laundry Detergent 」 からスポーツ専用洗剤を提供して頂きました!
https://livrer.stores.jp

ハートフル福祉募金様よりバナナ、オレンジジュースをご提供頂きました。
https://hfv-bokin.jp/

いつもありがとうございます。